わきがとは

わきがとは、臭汗症と呼ばれる病気の一種です。
臭汗症とは、汗のにおいが体臭の原因になることを指します。
人間の汗はエクリン腺とアポクリン腺と呼ばれる2種類の腺から分泌されています。
一般にエクリン腺は小汗腺、アポクリン腺は大汗腺と呼ばれています。
エクリン腺は、ほぼ全身にある汗腺で、日本人は平均約200万個あるといわれています。
エクリン腺から分泌される汗は、血液中の水分から作られているため、99%が水分で構成されています。
そのため、ほぼ無臭の汗になります。
また、働きとしては、体温調節に関与しています。

反対にアポクリン腺は毛根を包む毛包と一緒にある汗腺で、脇の下など、毛のあるところにある汗腺になります。
そのため全身にあるエクリン腺とはことなり体のごく限られた部分に存在します。
アポクリン腺から分泌される汗は毛に沿って分泌されます。
アポクリン腺からの汗もエクリン腺からのと同様に本来無臭です。
エクリン腺よりも少量のタンパク質が含まれているため、皮膚表面の最近によって分解され特有のにおいを発することがあります。
また、アポクリン腺の存在する場所が、とくに通気の悪い場合が多いため、細菌が繁殖しやすくなります。
とくに腋から特有の匂いが顕著にする状態を腋臭症と呼びます。
動物は主にこのアポクリン腺が存在していますが、人類はほとんどが退化しています。
人種的にもわかれ、欧米人や黒人に多く日本人には少ないとされています。
また、遺伝に関しては優性遺伝が認められています。



[PICK UP]
大阪の美容クリニックでは手術をせずに汗腺を破壊するミラドライ施術を採用しています =≫ ミラドライ施術 大阪